■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

【女子棒高跳】

竜田 夏苗(モンテローザ・東京)

優勝 4m15

「自己ベストで優勝することができたので、本当にもうすごく嬉しい。去年あがりから跳べなくてずっと悩んでいたが、今回の試合はいい意味で開き直れたというか、思いきって楽しんで競技することができた。そこが一番良かったと思う。
(優勝争いをしていた他選手がパスした)4m15は、自分も跳ぶつもりではなかったのだが、勝負するために記録を刻んでいくことを選んだ。試合のなかでいい感覚がどんどん出てきていたこともあり、(クリアした2回目は)“もっと行ける”という跳躍ができていたように思う。
4月から社会人としてモンテローザで競技を続けることになり、拠点を東京に移した。チームも練習場所(日本大学)も、すごく強い方々ばかり。そんななかでチームが日本選手権に向けて盛り上がっていく波に、自分もうまく乗ることができた。
優勝できて、今回は自分でも言うことなしの結果だが、記録自体はまだまだ。まずは標準記録(4m50)を目標に、もっと上を目指していきたい」

2015/06/26 18:41 メディアチーム

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)