■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

【女子砲丸投】
太田 亜矢(福岡大・福岡)

優勝 15m65

「初めての日本選手権優勝、とても嬉しい。今日は、緊張していたこともあり、最初の流れは悪かったが、後半に入ってからは落ち着いて投げることができた。(優勝記録となった)最後の1投(15m65)はセカンドベスト。ベスト(自己記録=15m71)が出せたとまでは思わなかったけれど、手にかかった感触があったので、15m後半は行ったかなと感じていた。どんどん記録を伸ばしていく試合をしたいと先生(野口安忠氏、元男子砲丸投日本記録保持者)とも話していたので、優勝が決まったあとでさらに記録を伸ばせたことに満足している。
 高校時代は、やり投もやっていたが、3年生のときに肘の靱帯を痛めたことで、以降は砲丸投に専念した。日本一になったが、世界に出ていくには記録はまだまだ。2020年東京オリンピックを目指して、もっと頑張っていきたい」

2015/06/27 13:51 メディアチーム

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)