■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

■第99回 日本陸上競技選手権大会 フラッシュクォーツ

【男子円盤投】
堤 雄司(群馬綜合ガード・群馬)

優勝 57m15

「日本で一番を決める大会で2連覇できたことは本当に嬉しい。これからも(連勝を)続けたいと思う反面で、日本記録更新を目指していたので、それを達成することができず残念な思いもある。
 今季は、これまで納得のいく投てきができずにいたが、この大会に向けて少しずつ良くなってきていた。今日の投てきには、まだ納得はできないが、もっと記録を出していけるという手応えをつかむことはできたように思う。
 自分が目標とするのは2020年東京オリンピックで、来年のリオ(デジャネイロ)オリンピックについてもまだあきらめてはいない。この大会で連覇していくことよりは、自分の記録を、そして日本の投てきのレベルを上げていくことを意識している。まずはずっと更新できていない日本記録(60m22/1979年)を破りたい」

2015/06/27 13:22 メディアチーム

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)