【#いわて国体】

1977fdbe11714b2c11f3

【#いわて国体】
第1日目のデイリーハイライト、新記録樹立者コメントを掲載!

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

10月7日、第71回国民体育大会(2016希望郷いわて国体)の陸上競技が、北上総合運動公園北上陸上競技場でいよいよ開幕。大会初日は、成年男女で3種目、少年男女で6種目の決勝が行われました。

好記録が誕生したのは、少年男女の跳躍種目。まず、少年女子B走幅跳で、藤山有希選手(足柄台中・神奈川)が2回目の跳躍で6m20(-0.1)をマークし、日本記録保持者(6m86、2006年)の池田久美子選手が酒田三中(山形)時代に樹立した中学記録(6m19、1995年)を21年ぶりに更新。岡山インターハイで1年生優勝を果たしている高良彩花選手(園田高・兵庫)ら高校生選手を抑えて優勝を果たしました。

▼デイリーハイライト、新記録樹立者コメントはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

大会2日目の10月8日は、リオデジャネイロ五輪男子4×100mリレー銀メダルメンバーの山縣亮太選手(セイコー)、ケンブリッジ飛鳥選手(ドーム)がエントリーする成年男子100mをはじめとして16種目の決勝が行われ、成年女子100m、成年男子400mハードル、成年男子走高跳にはリオデジャネイロ五輪代表選手が出場の予定です。また、午後1時から予定されている栄章授与式では、2016年度勲功章としてリオデジャネイロ五輪でメダル獲得および入賞を果たした7選手――山縣選手、飯塚翔太選手(ミズノ)、桐生祥秀選手(東洋大)、ケンブリッジ選手(以上、男子4×100mR銀メダル)、荒井広宙選手(自衛隊体育学校、男子50km競歩銅メダル)、澤野大地選手(富士通、男子棒高跳7位)、松永大介選手(東洋大、男子20km競歩7位)の表彰も行われます。

▼第1日目リザルトはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

~日本陸連公式SNS~
★日本陸連公式Twitter

https://twitter.com/jaaf_official

★日本陸連公式instagram

https://www.instagram.com/jaaf_official/

#国民体育大会
#陸上

(文:児玉育美/JAAFメディアチーム)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)