【#いわて国体】

【#いわて国体】
第4日目のデイリーハイライトを掲載!

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

この日も競歩で好記録が誕生しました。少年男子共通5000m競歩では、前回をユース日本最高記録(20分08秒50=大会記録)で制した山本龍太郎選手(富山商高・富山)が、高校生としては3人目の19分台突入となる19分56秒66(高校歴代3位)で快勝。首位に立ちながらフィニッシュ直前に失格となった岡山インターハイ(優勝は双子の弟である山本真二郎選手)の無念を晴らしました。2位・川野将虎選手(御殿場南高・静岡)の20分02秒38も大会新記録。3位には2年生の竹内悠選手(堀越高・東京)が、高2歴代2位となる20分11秒91で続きました。

もう一つの大会新記録が誕生したのは成年女子5000m競歩。リオデジャネイロ五輪代表の岡田久美子選手(ビックカメラ・埼玉)が21分24秒94で圧勝し、五輪代表の貫禄を見せつけました。このレースで岡田選手に続き2位に食い込んだのは、インターハイで2年生チャンピオンとなった藤井菜々子選手(北九州市立高・福岡)。高校歴代3位、高2最高となる22分14秒52の好記録をマークしました。

▼続きのデイリーハイライトはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

最終日の10月11日は、成年男子800mでは前日本記録保持者の横田真人選手(富士通・東京)が、成年少年女子共通4×100mリレーでは中学生時代から女子スプリント界の第一線で活躍し続けてきた北風沙織選手(北海道ハイテクAC・北海道、2走の予定)が、それぞれ引退レースとして競技に臨みます。

▼第4日目リザルトはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1379/

~日本陸連公式SNS~
★日本陸連公式Twitter

https://twitter.com/jaaf_official

★日本陸連公式instagram

https://www.instagram.com/jaaf_official/

#国民体育大会
#陸上

(文:児玉育美/JAAFメディアチーム)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)