【アジア室内 最終日結果】

5a1aac2e6e989f5161c0

【アジア室内 最終日結果】
~中村明彦選手が男子七種競技で室内日本新記録樹立!~

大会最終日は、決勝5種目に日本代表選手が出場しました。
室内日本記録の更新が期待される男子七種競技は、中村明彦選手が初日苦戦したものの、2日目の棒高跳で自己記録と並ぶ4m90をマーク。最終種目の1000mも2分32秒88の自己記録で走り、自身の持つ日本記録を更新する5831点で見事に金メダルを獲得しました。中村選手はドイツで行われた大会に続き、2大会連続の室内日本記録の樹立です。(その他の結果は下記の通りです。)

今後、3月に行われる世界室内陸上(ポートランド)や、国内、海外のトラックレースなど、リオデジャネイロ五輪に向けた選手たちの挑戦は続きます。
日本代表の応援よろしくお願いします!

<最終日結果>
男子七種競技 決勝
・中村 明彦 優勝5831点 ※室内日本記録
  60m 7.03(872)
 走幅跳 7m13(845)
 砲丸投 11m60(582)
 走高跳 1m94(749)
 60mH 8.13(949)
 棒高跳 4m90(880)
 1000m 2.32.88(954)

・音部 拓仁 6位 5484点
 60m 6.95(900)
 走幅跳 6m84(776)
 砲丸投 13m09(673)
 走高跳 1m91(723)
 60mH 8.35(896)
 棒高跳 4m40(731)
 1000m 2.48.18(785)

男子走幅跳 決勝
・嶺村 鴻汰 4位 7m82
女子800m 決勝
・北村 夢 失格 
女子60mH 決勝
・青木 益未 5位 8.36
女子走高跳 決勝
・渡邉 有希 4位 1m75

▼日本陸連公式Twitter

https://twitter.com/jaaf_official

#陸上日本代表応援 #サンライズレッド #アジア室内

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)