【日本ジュニア・ユース選手権】

4cdc4adf5cd39e15f340

【日本ジュニア・ユース選手権】
第1日目のデイリーハイライト、コメントを掲載!

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1380/

日本ジュニア・ユース選手権が10月21日、6月に行われた第100回日本選手権と同じ愛知県名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムにおいて開幕しました。今回で、日本ジュニア選手権は第32回、日本ユース選手権は第10回となります。天候にも恵まれた1日目の10月21日には、17種目で決勝が行われました。

好記録が誕生したのは、ユース男女のスプリントハードル。ハードルの高さが0.991mで行われるユース男子110mハードルで、樋口陸人選手(奈良育英高・奈良)が13秒64(-0.1)でフィニッシュ。従来のユース日本最高記録で、この規格での高校最高記録でもある13秒67(矢澤航、法政二高・神奈川、2008年および古谷拓夢、相洋高・神奈川、2014年)を0.03秒更新して優勝しました。また、13秒77で2位となった勝田築選手(開星高・島根)までが大会記録(13秒80)を更新する好レースとなりました。

▼第1日目リザルトはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1380/

~日本陸連公式SNS~
★日本陸連公式Twitter

https://twitter.com/jaaf_official

★日本陸連公式instagram

https://www.instagram.com/jaaf_official/

#ジュニアユース
#陸上

(文:児玉育美/JAAFメディアチーム)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)