【日本ジュニア・ユース選手権】

1f7164e960a047cc149d

【日本ジュニア・ユース選手権】
第3日目のデイリーハイライト、コメントを掲載!

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1380/

日本ジュニア・ユース選手権大会最終日となった10月23日は、ジュニア男女9種目とユース男女10種目、合計19の決勝種目が行われ、ジュニア女子の砲丸投(4kg)と200mで好記録が誕生しました。

ジュニア女子砲丸投(4kg)では、初日の円盤投を制した郡菜々佳選手(九州共立大・大阪)が5回目の試技で16m24をマーク。昨年自身がマークした大会記録(15m51)を塗り替えるとともに、5月に樹立した16m19のジュニア日本記録も5cm更新し、2つめのタイトルを獲得。東大阪大敬愛高2年時の2014年ユースでの優勝を含め、3年連続2冠を達成しました。

ジュニア女子200mを制したのは、2日目に100mを制した齋藤愛美選手(倉敷中央高・岡山)。最終日は、200mの予選と決勝の間に、ユース4×100mリレー決勝が入るタイムテーブルでしたが、齋藤選手は200m予選を24秒10(-0.3)の大会新記録で通過したあと、アンカーを務めたリレーでは、4~5番手でバトンを受けると、先行するチームをとらえて46秒26でこの大会2つめのタイトルを獲得しました。1時間35分後に行われた200m決勝では、前半から大きくリードを奪い、他の選手を全く寄せつけることなく23秒45(+0.9)でフィニッシュ。6月にこの会場で行われた日本選手権決勝でマークしたジュニア日本記録を100分の1秒更新しました。なお、この記録は、ユース日本最高記録でもあります。

▼大会リザルトはこちら

http://www.jaaf.or.jp/taikai/1380/

アスリートへの応援ありがとうございました!

~日本陸連公式SNS~
★日本陸連公式Twitter

https://twitter.com/jaaf_official

★日本陸連公式instagram

https://www.instagram.com/jaaf_official/

#ジュニアユース
#陸上

(文:児玉育美/JAAFメディアチーム)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)