【MGCシリーズ東京マラソン2019】

0656c89bee0e9a30cc09

【MGCシリーズ東京マラソン2019】
期待の大迫は途中棄権。冷たい雨の影響で大荒れのマラソンに
堀尾、今井、藤川、神野がMGC出場権を獲得

 3月3日に行われた東京マラソン。優勝を狙った日本記録保持者の大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)が29km付近で途中棄権。佐藤悠基(日清食品グループ)と中村匠吾(富士通)も含め、ハイペースの先頭集団で走った選手の多くが後半で失速した。優勝は30km過ぎからリードを奪ったB・レゲセ(エチオピア)で2時間04分48秒。2位のB・カロキ(ケニア=横浜DeNA)にちょうど2分差をつける圧倒的な強さを見せた。日本人トップは第2ペースメーカーについて走った堀尾謙介(中大4年)で2時間10分21秒の5位。6位の今井正人(トヨタ自動車九州)、7位の藤川拓也(中国電力)、8位の神野大地(セルソース)までの4人が、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ。東京五輪とほぼ同じコースで9月に開催され、五輪代表が最低でも2人は決定する)出場資格を得た。
 スタート時の気象状況が雨、5.7℃(風速は未公表)と、この時期にしてはかなりの悪条件で、体が冷えた選手たちは「体が動かなかった」「脚が止まった」と口を揃えた。

●日本人トップは学生の堀尾
 大迫と中村が中間点から後れ、佐藤が30kmを1時間29分22秒と大迫の日本記録時よりハイペースで通過したが、気象条件を考えるとオーバーペースになっていた。
 第2ペースメーカーは中間点をトップ集団よりも1分20秒遅い1時間03分27秒で通過。その集団もかなりのハイペースで、多くの選手が失速していくなか、35km手前で堀尾が抜け出し始めた。
「ちょうど追い風になったところで、給水もとって気持ちも体も楽になったんです。仕掛けるならここかなと思って」
 中村は32kmで、佐藤も37kmまでに抜いてトップに立ったが、堀尾は自身が日本人トップに立ったことを知らなかった。最後に今井に追い上げられたときも振り返ったが、「めがねが雨に濡れていて視界がぼやけて確認できなかった」と言う。日本人トップを知ったのは「ゴール後に(マラソン学生記録保持者の)藤原正和監督に教えてもらって」からだった。
 堀尾は自身のTwitterで「全体5位、日本人トップ。何言えばいいかわからないくらい嬉しいです」とつぶやいた。会見でも「2時間10分切りは狙っていましたが、MGCはこの大会のメンバーを見たら、ワンチャンスあるかどうかだと思っていました」と、驚きを話している。
 学生では初のMGC出場権獲得者。4月には実業団強豪チームのトヨタ自動車に入社するが、MGC本番でもダークホース的な立場で臨むことになる。MGCを勝ち抜くことが簡単ではないことは、藤原監督も堀尾自身も十分に認識している。
 だが、「(入社する)トヨタ自動車では服部勇馬さんたちMGCをとっている方たちと練習して、これがマラソン練習だという練習をして向かって行けば、9月の暑いなかでも今日のタイムを超えていける」と、前向きに考えている。無欲で臨めば、今回の再現がないとは言い切れないだろう。

●自身に打ち克った今井、期待に応えた藤川、腹痛を克服した神野
 今井が日本人2位でMGC出場権を獲得した。25km過ぎから堀尾、藤川らの集団にじりじりと差をつけられ始めたが、35km以降は堀尾を上回るペースで走り、最後は堀尾に9秒差まで迫った。
「こういう気象条件だから(タイムは仕方ない)と言ってくれる方もいましたが、ゴールして、(優勝したレゲセと)5分の差は現実として受け止めました。MGCへ一歩進んだといっても手放しでは喜べません。ただ、今日は集団から離れてからも自分を鼓舞して、前だけを見て走れたことは大きかった。寒い中でも精神的な勝負ができたので、MGCは暑さをイメージしてやっていきたい」
 4月で35歳になるベテランの評価が、再び大きく上昇したレースだった。
 藤川は悪条件にもかかわらず、自己記録を1分24秒更新してMGC出場権をゲットした。田幸寛史監督は藤川の練習実績のみならず、競技に取り組む姿勢から「やってきたことを出せれば2時間7分台も」と期待していた。
 藤川自身は好結果の背景を、次のように話した。
「今まで一番良かった昨年の別大マラソン前は、40km走が2本でした。今回は12月から40km走を7本、そのうち3本は実戦形式で走って、スタミナ面は格段にできました。11月には10000mで27分台を、マラソン練習をやりながら出すことができたんです。個人的に管理栄養士にアドバイスをお願いして、生活面も変えてきました」
 トレーニングを質量とも向上させ、それを支える生活面も充実した。多くの関係者から期待されたプレッシャーもあったはずだが、それに応えてMGC出場を決めた。日本人3位ではあったが、藤川には大きな自信となっただろう。
 神野は過去のマラソンで苦しめられ続けた腹痛が、今レースでは生じなかった。
「これまで腹痛対策をやってきても上手くいきませんでした。対策しているのに腹痛が起きると『今日もダメだな』と思ってしまいましたが、今回は腹痛が起きても絶対にあきらめないと決めて臨みました。考え方の変化がよかったのかな」
 神野のラスト2.195kmは7分06秒で、優勝したレゲセ以外では最速タイムで走りきった。そしてMGCのコースは、終盤に神野が得意とする上り坂がある。日本人4位ではあったが、腹痛を克服した神野はMGCでも有力候補の1人に挙げられそうだ。

●中村は先頭集団12人中の5位
 東京マラソンは主催者や陸連の思惑とは、まったく違う展開、結果になった。それはすべて、スタート時の悪コンディションにもかかわらず、“世界標準”の速いペースでレースを進めたからだ。
 陸連の瀬古利彦マラソン・プロジェクトリーダーは、「日本人はまだまだ力が足りない。優勝したレゲセ選手は2時間2分台の力があるから、2時間04分48秒で走ることができた。2時間6分前後の日本選手では今日のペースは無理」とコメントした。
 レゲセとの比較でいえば、瀬古リーダーの指摘通りだろう。
 だが、今回出場した世界トップクラスの外国勢全般との比較でいえば、外国勢も日本勢と同じかそれ以上に力がなかった。15km地点の先頭集団は12人いて、大迫、中村、佐藤の3人と、外国勢が9人だった。そのうち4人が1~4位を占めたが、日本勢3人を含む残りの8人は全員失速し、中村の15位(2時間14分52秒)が最高順位だったのだ。
 つまり、レゲセは世界トップクラスの力を示したが、その下のレベルの選手はほとんどが、ハイペースに耐えられなかった。今回の結果だけをもって、日本の男子マラソンが力不足と決めてしまうのは早計のように思う。
 大迫のことを瀬古リーダーは、次のようにかばった。
「今日は前半の1km毎が、想定よりも2~3秒速く進んでしまいました。2分57~58秒だったらついたと思うが、大迫君は集団の後ろでつこうか、離れようか迷っていたように見えた。今日は無理をする必要のなかったレース。途中棄権はMGCに向けて賢明な判断だったと思う」
 最後まで先頭のハイペースで戦った佐藤は、2時間15分07秒の16位だったが、前述の12人の集団の中では6番目である。
「結果は結果として受け止めますが、やりたいことはそれなりにできた手応えもあった」と言う。
「前半は予定通りに速いペースに乗りました。世界と勝負するにはあのペースに順応しないといけません。MGCに向けてという部分では、やりたいことを少しずつ形にできています。今日のテーマの達成度は7割。マイナスではなく、僕の中の感覚では前進できている」
 世界標準のレースを国内で経験できるのが、東京マラソンの一番のメリットである。だが、そのレースでの経験を自身の力としていけるかどうかは、選手の走りや、世界標準に立ち向かう選手の姿勢だと思う。その意味で今年の東京マラソンは、MGCに向けて意味のある大会となった。

TEXT photos by 寺田辰朗

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)