【U20世界陸上】

f4d0c3b854be1687d9c6

【U20世界陸上】
フィンランド第2の都市タンペレで行われている20歳未満の世界大会「U20世界陸上」。
大会2日目は日本勢メダルラッシュとなりました!

男子走り幅跳びでは予選トップ通過したアジア大会日本代表でもある橋岡優輝選手(日本大)が8m03のビッグジャンプで史上初の金メダルを獲得!
橋岡選手
「目標にしていたU20の金メダルを獲得することができてとても嬉しいです。
 次は来月のアジア大会で日本記録に近いジャンプでメダルを目指したいです。」

さらに女子3000mでは田中希実選手(ND28AC)が和田有菜選手(名城大)とともに
序盤から一気に前に出る作戦に出るとなんとそのままトップでフィニッシュ!
こちらも史上初の金メダル獲得となりました。
田中選手
「レース前に和田選手と話して最初から飛び出していこうと決めていました。
 まだ金メダルの実感がないですが、両親や日本で応援してくれている人たちに早く伝えたいです。」

女子やり投げ・桑添友花も55m66で史上初の銀メダル獲得。
桑添選手
「金メダルが狙えるところにいたので正直悔しいです。
 この悔しさを今度はシニアの舞台で活かしていきたいです。」

大会2日目、日本勢は金2つ、銀1つの3つのメダルを獲得しました。
今後のメダルラッシュにも目が離せません!

【アジア大会 初日8月19日午後6時30分 TBS】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)