Comparing pictures from yesterday’s throw(left) and throw from 3days ago(right).

08aabac9c0c29579b944

Comparing pictures from yesterday’s throw(left) and throw from 3days ago(right).

There is much more improvement for the stabilities around neck. You can see there is less line on the neck in the picture from left. It means more activating lower trap than upper trap to make scapula stable, SCM than deep neck flexer to have stable head position. It is extremely important for the rotational sports to have stable axis. I believe results is coming from to fix the movement of the lower extremity →pelvis, hips, knees, ankles and feet.

Yes if you do it right, muscle coordination can be change in a day.

右は3日前、左は昨日の投擲練習中の1回転目の写真です。
僧帽筋の上の方の力が抜けて、僧帽筋の下の肩甲骨付近に力が入るようになった。胸鎖乳突筋の力が抜けて、頚椎に付着した筋群に力が入るようになり、頭が安定した位置に固定されています。結果、右の写真に比べ左の写真の方が、首のシワが少なくなった事がお分かりかと思います。下半身の使い方を改善したことにより、上体の姿勢が改善されてきました。

世の中ではコアとか、インナーマッスルなどよく耳にしますが、腹筋群を鍛える事が主流になっています。本来は関節を固定したり支えるのに適した筋肉と、力を発揮するのに適している筋肉のバランスを、身体全体で考えなければなりません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)