以前行なったミドルインターバルハードルの練習映像です。

以前行なったミドルインターバルハードルの練習映像です。

なるべく1台目までにスピードをつけて入れるかが大切です。
インターバルは狭いのですり足のようにして、足の着く位置をしっかり決めて行わないと危ないです。。。

腰の位置は高く維持するようにしますが、動画にあるように結構接触してしまいます。踏切位置をしっかり確定させて行なうと良いですが、そのためには高いスピードの中での動きの制御が必要です。
制御とはブレーキという意味は含んでいません。パワーの強弱や方向、そしてオンオフの切り替えを自身の感覚で調整することを意味していて、110mHにおいては中盤以降に必要ですね。…とここまでカッコ良くいってみましたが、簡単に言うと狭い距離を決まった歩数で走るためには常に全力では走れませんよね、ということです|( ̄3 ̄)|

ハードルは当てると痛くて怖いです。それは今でも変わりません。。。笑

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)